早めに見つける身体のSOSでハッピーになろう|幸せからだメイク

doctor

早期発見が肝心

胃、肺、大腸などなど、様々な箇所に出来るがんの転移を防ぐにはどうすればよいか?その答えがここにあります。

病気やケガに備えて病院の口コミをチェックしておきましょう。参考になること間違いなしですので、ぜひご覧ください。

自覚症状がなく手術が難しいガン

doctor

数多くあるガンのなかで食道がんは一番厄介だと言われている部類に入ります。 その理由は2つあります。 一つは初期段階で自覚症状がないことです。 そのため、食道がんが見過ごされてガンの進行を許ししまうことが多いです。 そして、もう一つは食道という部位にあります。 食道は口から胃袋の間にありますが、当然首を通っています。 狭い首には太い血管やリンパ管なども通っており、食道の回りに絡み付いているのです。 手術するのが難しく、さらに血管やリンパ管をとってガン因子が全身に転移しやすいガンです。 そのため、近年重視されているのが食道がんの早期発見です。 早期発見することができれば、ガンの転移を事前に防げますし、治療も比較的簡単となります。

食道がんは早期発見が大切

ただし、すでに述べているように早期発見しようにも初期段階では自覚症状がありません。 早期発見するためには、何よりも健康診断で見つけることが重要となります。 例え数mm程度の小さなガンであっても、レントゲンや超音波やCTなどを利用すれば見つけることは可能です。 企業で働いている社会人はすでに健康診断で食道がんの検診を取り入れているところが多いです。 しかし、専業主婦や自営業者や高齢者の多くは健康診断を受けていないケースがほとんどです。 そのような人も定期的に健康診断を受けられるような社会システムを構築することが食道がんの治療において最も重視するポイントとなってきます。 そうすることで早期発見をすることができ、治療の負担や転移の予防に役立つことができます。

がん細胞について

doctor

日本人の死因トップでもあり、助からない病気として知られていたがんは、医療の発達による早期発見により、助かる病気です。がん治療は早期発見が重要であり、全身に転移する前に見つけ、素早く除去できるよう健康管理に気を付けます。

詳細を確認する

胸腺腫瘍について学ぶ

doctor

胸腺腫瘍の治療には、いくつかの治療方法がありますので、医師と相談しながら、有効な方法を選択してください。胸腺腫瘍は、進行すると、咳や痰を伴い、呼吸困難になる場合もあります。

詳細を確認する

骨の癌、骨肉腫

doctor

骨肉腫は骨にできる悪性腫瘍です。通常の癌と比べると発症率は低く、主に十代から二十代の若者が発症します。化学療法が発達した現在では術後生存率も高く、経過観察を含めて五年から十年の治療期間が必要です。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP